ブログノウハウ

Twitterでインプレッションを下げずに外部リンクを貼る方法とは?

悩むひと

ブロガーです。新記事投稿しました!ってツイートしても反応が悪い・・・どうすればもっとたくさんの人に見てもらえるかな?

このようなお悩みを解決します。

こんにちわ、ゆいて(@yuitelog)です。

多くのブロガーは、記事を作成したらTwitterで更新案内をしますよね?

たくさんの人に読んでほしい、ワンチャン商品を買ってほしい・・・

思惑はさまざまですが、とくにアクセスが集まらないうちはTwitterで案内しないと損です。

しかし、Twitterは外部リンクが貼ってあるツイートのインプレッションを下げるという仕様。

インプレッション

ツイートがTL(タイムライン)に表示された回数

つまり、インプレッションが下がるということは、他人のTLに表示されにくくなるということです。

あなたも記事投稿案内ツイートだけ極端に「いいね」が少ない、という経験はありませんか?

それは、Twitterの仕様なのでしょうがないことなんです。

何とかインプレッションを下げずに、記事投稿案内を通常のツイートと同じようにできないか?

そこで最近流行っているのが「リプに記事(外部リンク)を貼る」という手法。

次のツイートのような感じです。

リプに外部リンクを貼ると本当にインプレッションが下がらないのか?

実際にツイートして実験してみました。

結論から言うと、インプレッションは下がらないという結果に・・・

本記事では、この実験結果と考察、Twitter経由で流入を狙うコツについて解説!

Twitterからの流入をもっと増やしたい方は、読み進めてくださいね。

ゆいて

  • 2パターンの外部リンクを貼ったツイートの比較
  • 外部リンク入りツイートの拡散方法
  • Twitterから流入を獲得する方法

リプに外部リンクを貼った場合のインプレッションについて

今回のツイート実験は

  • ツイートに直接外部リンクを貼り付けてツイート
  • ツイートのリプに外部リンクを貼り付けてツイート

この2パターンで実施。

なるべく公平になるように、次の条件設定をして2日に分けて行いました。

  • 同時間帯に連投
  • ツイートはほぼ同内容
  • 通常のツイートと同じようにリプやRTには制限をかけない

1日目のツイートは次の2つ。

1つ目がツイートに直接外部リンクを貼り付けたもの。

2つ目がリプに外部リンクを貼り付けたもの(リプは自分のサブ垢で実施)

1日目のインプレッション結果は次の通り。

赤枠で囲った部分がインプレッション数です。

ツイートのインプレッション数の比較

細かく比較すると次の通り。

リプに外部リンクを貼ったツイートの方が、約2.6倍もTLに表示されました

しかし、リンクはツイートに直接貼ったほうがクリックされるという結果に。

2日目のツイートは次の通り。

2日目の結果は次の通り。

同じく赤枠で囲った部分がインプレッション数です。

ツイートのインプレッション数の比較

細かく比較すると次の通り。

1日目と同じでリプに外部リンクを貼ったツイートの方が伸びました。

しかし、1日目と違ってリンクのクリック数はリプに貼ったほうが伸びる結果に

以上のことから、ツイートのリプに外部リンクを貼ったほうがインプレッションが増えるのは間違いないと考えます。

しかし、リンクのクリックに関しては真逆の結果。

クリックされるかは、あなたのツイートや拡散次第といったところでしょうか。

どっちがクリックされるかは反応を見て決めていくしかないですね!

ゆいて

ツイートに外部リンクを直貼りした場合の拡散方法

外部リンクは、リプに貼ったほうが伸びることは分かりました。

では、インプレッションが伸びにくい「外部リンクをツイートに直貼りする場合」の伸ばし方について。

結論は、強制的にインプレッションを上げるしかありません。

強制的にインプレッションを上げる方法は次の通り。

  • ツイートを自己RTする
  • ツイートで拡散をうながす
  • ツイートで誘導する
  • 濃いフォロワーを増やす

1つずつ解説していきます。

ツイートを自己RTする

これは単純で、一定の時間が経過したら自分のツイートを自分でRTするだけ。

自己RTは何度でもできるので、自分のTLを整えることにも使われる手法ですね。

ただし、RTは自分のフォロワーのTLにしか表示されないので注意してください。

ツイートで拡散をうながす

これも単純で、ツイートに「拡散お願いします」とか「RTよろしくです」と拡散をうながすだけ。

ですが、いつも拡散をお願いするだけだとスルーされる可能性が高いです。

普段から自分も積極的に拡散したり、フォロワーさんと交流している方なら拡散してもらえるでしょう。

ツイートで誘導する

いわゆる「気になる人は固ツイに」とか「詳しくはプロフィールに」ってやつです。

この手法は、ぶっちゃけ胡散臭い人がよくやっているので不快に思う人も多いかも・・・

あまり主張せずそれとなく入れておくのが吉です。

ちなみにセコい例がこちら。

濃いフォロワーを増やす

Twitterからの流入を狙うなら、あなたに興味を持ってくれるフォロワーさんが必要不可欠です。

Twitterを眺めていても、よく交流している方の記事はRTされたり、引用RTで紹介してくれたりとよく拡散されています。

自分から積極的に仕掛けることで、いわゆる「返報性の法則」によってあなたの記事を拡散してくれるかもしれません。

ちなみに、フォロワー数は関係なくていかに濃いフォロワーを増やすかがポイントです。

そんな濃いフォロワーをインデックス投資のようにコツコツと着実に増やす方法に興味があれば、次の記事もチェックしてみてくださいね。

Twitterフォロワー0から1000人、そして5000人までつき抜けた運用方法

続きを見る

Twitterから流入を狙う施策

最後に、Twitterからの流入を増やす施策についてです。

いくらインプレッションを伸ばしても、クリックされなければ意味がありません

クリックされるために重要なことは次の2つ。

  • アイキャッチを設定する
  • 見た人の興味を惹く渾身のツイートを添える

1つずつ解説していきます。

ブログ記事にアイキャッチを設定する

アイキャッチで興味を持ってもらえることも多いので、アイキャッチは必ず設定しましょう。

また、アイキャッチサイズは大きい方が目立ちます

Twitterでの表示サイズは、使っているテーマの「OGP設定」で変更可能なのでお試しください!

見た人の興味を惹く渾身のツイートを

記事更新案内をするなら、思わずクリックしたくなるような渾身のツイートをしてみましょう。

  • ブログ更新しました
  • お時間あれば見てください
  • 暇な方はどうぞ

せっかく記事を書いたのに、ツイートがこんな感じだともったいないと思いませんか?

記事更新案内のツイートは、記事へ誘導するための「導入文」です。

思いつかなければ、簡単でもいいので記事内容に触れてツイートしていきましょう。

インプレッションを下げずに外部リンクを貼るならリプが最適。でも・・・

インプレッションを下げたくなければ、リプに外部リンクを貼る手法は有効です。

しかし、大事なのはいかにリンクをクリックしてもらうか?

ツイートに直接貼った場合は、クリックしやすいのが最大のメリットです。

リプや固ツイに誘導は、1クッションはさむので離脱されてしまう可能性があります

どっちが合っているかは人によるので、クリック数を確認しながら試してみてくださいね。

もしTwitterはおまけで、検索流入メインで頑張る!

という方には、次の記事が参考になるかもしれません。

あなたの収益に直結する、上位表示されやすいお宝キーワードがポンポン見つかる方法です。

こっそりライバルをごぼう抜きにしちゃいませんか?

月1万狙えます。キーワードスカウターSTのレビューと評判、使い方を完全解説!

続きを見る

少しでも参考になれば幸いです。

ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ

-ブログノウハウ