WordPress

【2022年最新】公開ノウハウが多いWordPress有料テーマ10選!ブログ初心者でも安心して使えます。

2021年12月4日

 

WordPressのテーマに興味があるけど、使いこなせるか自信がないあなた!

 

本記事では設定方法や困ったときの解決策のノウハウが多いWordPressテーマ。

 

つまり検索結果数に焦点を当てて初心者でも使い方に迷わないWordPressテーマをランキング形式でまとめました。

 

情報が多ければ多いほど、あなたの思った通りのサイトや記事作成ができるでしょう!

 

さらに公式サイトだけではイメージがつかみづらいので、各テーマを使ったサイトも紹介しています。

 

調査方法はできる限り関係のない記事がヒットしないよう、Googleにて次のキーワードで表示された検索結果数になります。

テーマ名 + wordpress テーマ 使い方

 

テーマを購入するか検討中の方は、ぜひ参考にしてください!
ゆいて

 

1 THE THOR(ザ トール)

 

公式サイト 検索結果数 料金
THE THOR(ザ トール) 1,860,000件  16,280円

 

検索結果数第1位は、THE THOR(ザ トール)

無料のWordPressテーマ「LION BLOG」や「LION MEDIA」も手掛けるフィット株式会社のテーマです。

 

ココがポイント

  • 集客・収益化支援システム搭載
  • おしゃれなサイトがワンクリックで作成可能
  • SEOに強く上位表示されやすい

 

THE THORを使ったサイト

 

どのサイトもおしゃれですね!

簡単におしゃれなサイトが作成できて、初心者にはよくわからないSEO内部対策サイトの高速表示も徹底しているのではじめてテーマを使う方におすすめです。

 

 

2位 SWALLOW(スワロー)

 

公式サイト 検索結果数 料金
SWALLOW(スワロー) 1,340,000件  9,900円

 

検索結果数第2位は、SWALLOW(スワロー)

後半で出てくる「STORK19」、「ハミングバード」なども手掛けるOPENCAGEのWordPressテーマです。

 

ココがポイント

  • 記事が目立つよう工夫されたデザイン設計
  • ムダな機能やデザインを省いてシンプルで分かりやすい
  • スマホでの見やすさにこだわったモバイルファースト設計

 

スワローを使ったサイト

 

公式サイトが推しているだけあって、どの記事もシンプルで記事に集中できるテーマです。

余計な機能はいらないから、とにかく記事執筆に集中したい方におすすめです。

ですが、クラシックエディタベースなので最新のブロックエディタには非対応。

ブロックエディタ用のプラグインや機能は使えません。

 

 

3位 SWELL(スウェル)

 

公式サイト 検索結果数 料金
SWELL(スウェル) 661,000件  17,600円

 

検索結果数第3位は、SWELL(スウェル)

公式サイトにアクセスすると、まずその美しさにびっくりするWordPressテーマです。

 

ココがポイント

  • ブログを簡単に・楽しく・素早く書けるように配慮されている
  • ブロックエディタに完全対応
  • デモサイトのデザインに着せ替えるためのデータが配布されている

 

SWELLを使ったサイト

SWELL使用サイト一覧(さとしんさんの運営サイトWebNote+より)

 

いま副業ブロガーの間で流行りのテーマ

ビジネススタイルのカチッとしたサイトから、子育てやペット情報などのかわいい雰囲気のサイトまで幅広く簡単に作ることができます。

 

 

4位 DIVER(ダイバー)

 

公式サイト 検索結果数 料金
DIVER(ダイバー) 600,000件 17,980円

 

検索結果数第4位は、DIVER(ダイバー)

カスタマイズ性能が非常に高く、サイトレイアウトは無限大という高品質高機能なハイスペックWordPressテーマです。

 

ココがポイント

  • リッチスニペット(検索結果で自サイトを目立たせる機能)対応
  • Googleに好かれるSEO対策アップデートが頻繁にある
  • 直接のメールサポートが無期限・無制限で利用可能

 

DIVERを使ったサイト

リベラルアーツ大学さん(両学長さん運営のリベ大公式ブログ)

おかわりJAPANさん

 

有名サイトやブロガーさんも利用しているテーマなので、その実績は十分ですね。

メールで直接サポートが無制限で受けられるので、初心者でも安心です。

 

 

5位 賢威(けんい)

 

公式サイト 検索結果数 料金
賢威(けんい) 573,000件 27,280円

 

検索結果数第5位は、賢威(けんい)

ブロガーならほとんどの人が読んだことがあるベストセラー「沈黙のWebシリーズ」を出版している株式会社ウェブライダーのWordPressテーマです。

 

ココがポイント

  • 2007年1月から販売されている超ロングセラー商品
  • 上位表示を多数獲得したプロのSEOノウハウが注ぎ込まれている
  • 79,000件を超えるノウハウのアーカイブがあるサポートフォーラムが利用できる

 

DIVERを使ったサイト

賢威使用サイト一覧(Kicoさんの運営サイトKicologより)

 

個人が開発、販売しているテーマとは違い、一企業が10年以上販売しているテーマです。

急なサービス終了やサポート終了という可能性は低いので、長く安心して使いたい方におすすめです。

 

 

6位 JIN(ジン)

 

公式サイト 検索結果数 料金
JIN(ジン) 427,000件  14,800円

 

検索結果数第6位は、JIN(ジン)

有名アフィリエイター「ひつじさん」がプロデュースしたWordPressテーマです。

 

ココがポイント

  • 吹き出しや見出しデザインなどのエディターが豊富
  • ブログパーツのデザインをボタン一つで切り替えられる
  • JINユーザー限定のオンラインコミュニティで気軽に相談できる

 

JINを使ったサイト

ひつじアフィリエイトさん(ブロガーひつじさんのサイト)

今日はヒトデ祭りだぞ!(ブロガーヒトデさんのサイト)

 

ブログ界隈では超有名人のお二人が使っているテーマ。

やわらかい雰囲気で居心地の良いサイトが作成できそうですね。

ブロガー目線で作られたテーマなので、ブログ初心者にとても優しいテーマです

 

 

7位 AFFINGER(アフィンガー)

 

公式サイト 検索結果数 料金
AFFINGER6 326,000件  14,800円

 

検索結果数第7位は、AFFINGER6

有料テーマの中でも、最も利用者が多いと言われるWordPressテーマです。

 

ココがポイント

  • 機能が多すぎて困るほどカスタマイズ性能が高い
  • 収益化を徹底して意識しているテーマ
  • Googleアドセンスなどの広告設置や管理が簡単

 

AFFINGERを使ったサイト

Tsuzuki Blogさん(ブロガーTsuzukiさんのサイト)

NOJI BLOG(ブロガーNOJIさんのサイト)

 

稼いでいるブロガーさんの多くが使用しているAFFINGER。

当サイトにも忖度なしのレビュー記事があるので、気になる方は参考にしてみてください!

 

AFFINGER6の感想とメリットデメリットを徹底解説!口コミや成果も調査【初心者こそおすすめ!】

【AFFINGER6】初心者こそ使うべきテーマ!?購入者が本音レビュー【WordPress】

続きを見る

 

 

8位 SANGO(サンゴ)

 

公式サイト 検索結果数 料金
SANGO 323,000件  11,000円

 

検索結果数第8位は、SANGO(サンゴ)

見た目の通り「訪問者に心地よく滞在してもらい、満足して帰ってもらう」を意識したWordPressテーマです。

 

ココがポイント

  • 心地の良いアニメーションで演出できる
  • HTMLやCSSの専門知識がなくても簡単にサイトカラーを変えることができる
  • 100種類以上のブログパーツが無料で使える

 

JINを使ったサイト

 

優しい雰囲気に特化した感じのテーマです。

子育てや美容用品などのイメージにぴったりなので、そのようなブログを作りたい方におすすめです。

 

 

9位 Emanon Pro(エマノンプロ)

 

公式サイト 検索結果数 料金
Emanon Pro(エマノンプロ) 193,000件  9,800円

 

検索結果数第9位は、Emanon Pro(エマノンプロ)

これまでのテーマと違い、知る人ぞ知る集客に特化したWordPressテーマです。

 

ココがポイント

  • メルマガ登録フォームなどWeb集客に特化した機能を多数搭載
  • ランディングページ(セールスに特化したページ)作成機能あり

 

Emanon Proを使ったサイト

かつっぺblog(かつっぺさんのサイト)

 

シンプルですが、集客につながるパーツを多数取り入れているテーマです。

検索流入はもちろんこと、Twitterから見込み客を誘導するようなビジネスを展開したい方におすすめです。

 

 

10位 STORK19(ストーク19)

 

公式サイト 検索結果数 料金
STORK19(ストーク19) 189,000件  11,000円

 

検索結果数第10位は、STORK19(ストーク19)

検索結果数第2位の、SWALLOW(スワロー)なども手掛けるOPENCAGEの最新版のWordPressテーマです。

 

ココがポイント

  • スマホからの見た目にこだわったとことんモバイルファースト設計
  • ブロックエディタ完全対応
  • シンプルで直観操作が可能

 

STORK19を使ったサイト

STORK19使用サイト一覧(suyaさんの運営サイトマニュオンより)

 

シンプルで分かりやすい設定だけで、すぐにブログを構築できるテーマです。

少ない時間で効率的に副業をやりたいという初心者の方におすすめです。

 

 

まとめ:サイトイメージに合ったWordPressテーマを使いましょう!

 

今回は、検索結果数の多いWordPressテーマ10選をご紹介しました。

あなたの大事な相棒になる、イメージに合ったテーマは見つかったでしょうか?

 

せっかく買ったテーマを使いこなすためにも、情報量も一つの参考にしてみてください。

 

少しでも参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ


-WordPress