ライフ

ブースターシートは危険?レカロJ3Neoが安全性の高いジュニアシートである理由。

2021年8月、ブースターシートに座っていた、わずか5歳の男の子が亡くなるという痛ましい事故がありました。

本来は、腰骨をわたるように装着すべき「腰ベルト」がお腹に掛かっていたための内蔵損傷だったそうです。
※引用元:carview!

いきなり怖い話から入って申し訳ありません。

ですが、そのくらい子どものジュニアシート選びには慎重になるべきという事実をあなたにお伝えするためでした。

はじめまして。

私は0歳と5歳の娘がいる、子育て真っ最中のパパです。

もし今あなたが、安い座面だけのブースターシートとお悩みなら、その選択はおすすしません。

大切な我が子の命を預けるには、ブースターシートという選択は危険です。

そのブースターシートの危険性については次の通り。

  • 簡単に抜け出せる
  • シートベルトの位置が合っていない
  • 万が一の事故のとき、シートベルトが体に食い込む恐れがある
  • 万が一の事故のとき、体がすり抜けて外に放り出される恐れがある

もうこれだけで、ブースターシートがいかに危険か分かっていただけましたか?

このような危険要素があるのがブースターシート。

そして冒頭ご紹介したような痛ましい事故につながってしまいます・・・

これは他人事ではなく、あなたの身にいつ起こってもおかしくない話

そんな不幸な事故の確率を減らしてくれるのが、レカロJ3 Neoです。

本記事では、その安全性や使い勝手についてご紹介していきます。

レカロJ3とJ3 Neoの違いが知りたい方はこちら

RECARO(レカロ)とは?


はじめにレカロについて。

レカロJ3 Neoを製造しているメーカーの信頼性を確認するために、簡単に触れておきますね。

レカロとは

  • 車好きには有名な車用シートの専門メーカー
  • 過酷なレーシングカーや高級車でも使用されている
  • 車以外では旅客機や世界各地のサッカースタジアム、野球場のシートにも採用

車用シートはもちろんこと、世界各地のさまざまなところで使用されている、とても信頼性の高いメーカーがレカロです。

そのレカロが製造、販売しているのがレカロJ3 Neoというジュニアシートになります。

レカロJ3 Neoの安全性

そんな世界的にも有名なレカロが作る、J3 Neoの特筆すべき安全性は次の通り。

  • 衝撃吸収性に優れたクッションで頭部をしっかりサポート
  • 体全体を守ってくれる構造になっている
  • 姿勢が崩れにくいため、シートベルトが正しい位置で固定できる
  • シートベルトが構造的に体に食い込みにくい
  • 国連欧州経済委員会が定めた安全基準(UN-R44)に準拠

一つずつ見ていきましょう。

衝撃吸収性に優れたクッションで頭部をしっかりサポート

レカロJ3 Neoの構造について

ブースターシートは座面だけですが、レカロJ3 Neoは全身をしっかり守ってくれる構造になっています。

とくに大事な頭部は、衝撃吸収性に優れたクッションを採用

激しい衝突からも、頭部をしっかりガードしてくれます。

体全体を守ってくれる構造になっている

頭部に加えて、全身もしっかりガード

座面だけのブースターシートと比べると、どちらが優れているかは言うまでもないですね。

姿勢が崩れにくいため、シートベルトが正しい位置で固定できる

レカロは、自動車用シートを長年作り続けてきたメーカーです。

どんなシート構造が、体に快適か、姿勢が崩れないか、というノウハウをたくさん持っています。

レカロJ3 Neoは、そのノウハウが凝縮されたジュニアシートなので、姿勢が崩れがちな子どもにも対応した構造になっています。

つまり、長時間でも正しい姿勢がキープでき、シートベルトを正しい位置、そしてゆるみなく装着させることが可能です。

シートベルトが構造的に体に食い込みにくい

下画像の黄色枠部分(ガイド)で、シートベルトを固定することができます。

レカロJ3 Neoのシートガイド

ここも、座面だけのブースターシートにはない構造です。

ガイドにしっかりとシートベルトを通すことで、子どもの体にシートベルトが食い込むことを防ぐことができます。

また、ガイドは両サイドに付いているので、左右どちらの席にも対応。

設置場所を気にすることなく、使用することができます。

国連欧州経済委員会が定めた安全基準(UN-R44)に準拠

安全基準は国連もお墨付きのR44準拠

少し詳しい方だと、R129という安全基準をご存じの方もいるかもしれません。

R129のほうが新しい基準ですが、その対象は「ISO FIX」のチャイルドシートのみ。

ISO FIX以外では、R44が一番上の基準になるので、レカロJ3 Neoは一番上の基準に準拠したジュニアシートです。

レカロJ3 Neoの機能性

続けて、レカロJ3 Neoの機能性についてです。

  • 軽いので乗せ降ろしや車内の移動が楽
  • お尻が痛くならないよう体圧を効果的に分散させる「高密度ウレタンパッド」を採用
  • 汗をかきがちな子どもでも快適な通気性の良さ
  • カバーが洗えるので、いつも清潔に保つことができる

軽いので乗せ降ろしや車内の移動が楽

これだけガッチリしたジュニアシートなのに、重さは5.8kgと軽量

5.8kgというと、生後1~2ヶ月程度の平均的な赤ちゃんの体重くらいです。

パパはもちろんのこと、ママでも片手で楽に移動させることができます。

お尻が痛くならない

レカロJ3 Neoの座面について

座面には、体圧を効果的に分散させる「高密度ウレタンパッド」を使用。

安い座面だけのブースターシートは、すぐにお尻が痛くなりますが、レカロJ3 Neoであれば長時間のドライブでも問題ありません。

また、このクッションのおかげで正しい姿勢を保つことができるので、安全面にも重要なポイントです。

汗かきな子どもでも快適な通気性の良さ

レカロJ3 Neoの通気性について

全身をガードしてくれるレカロJ3 Neoは、少し暑そうですよね。

ですが、通気性を追求した構造になっているので汗かきの子どもにも安心。

私の娘も汗をかくほうですが、着替えが必要なほど汗をかいたことはありません。

カバーが洗えるので、いつも清潔に保つことができる

レカロJ3とレカロJ3 Neoの大きな違いがここです。

レカロJ3 Neoに改良されてから、カバーが洗えるようになりました。

この改良によって、食べこぼしやお漏らししても、ずっと清潔に使うことができるようになりました。

レカロJ3 Neoのデメリット

安全面はもちろんのこと、使い勝手にも死角がないレカロJ3 Neoですが、もちろんデメリットもあります

リクライニングができない

レカロJ3 Neoには、単体でのリクライニング機能がありません。

自動車のシートに合わせて、多少角度調節ができるレベルです。

そもそもリクライニングがなくても快適に座れる構造になっているのですが、人によってはデメリットになるかもしれません。

値段が高い

安い座面だけのブースターシートであれば、3,000~4,000円程度で購入できます。

それに比べると、レカロJ3 Neoが高く感じるのは間違いありません。

ですが、ここまで本記事を読んでくれたあなたなら、少しばかりケチって安いブースターシートにする理由がないことは分かってくれていると思います。

大事な我が子の命を預けるシートです。

どちらを選ぶかはあなた次第ですが、何かあったときに後悔しない選択をしてください。

よく在庫切れになる

レカロJ3 Neoは、ちょくちょく在庫切れになります。

私自身も、いざ購入しようとしたとき在庫切れで1ヶ月くらい待たされました・・・

昨今の世界情勢が影響して、いつ長期在庫切れになるかは分かりません。

そのため、現在迷っている人はとりあえず確保しておくことをおすすめします。

欲しいときに手に入らないと、イライラしますしね(笑)

レカロ J3 Neo 口コミ

続いて、口コミについても見ていきましょう。

在庫切れについては、私以外の方も経験していたようですね・・・

生産数があまり多くないのか、2022年4月時点でもちょくちょく在庫切れしている印象です。

一方でこんな意見も。

子どもの体格には個人差がありますよね。

レカロJ3 Neoがまだ早いかなという家庭では、対象年齢を下げて安全性を高めたレカロJ1 Neoを使っているようですね。

レカロJ1 Neoも、2021年10月に発売された最新モデルになります。

RECARO J3とJ3 Neoの違い

記事の途中でも紹介しましたが、スペック的にはまったく同じです。

違うのは、シートカバーを外して洗えるようになったのがレカロJ3 Neoです。

レカロJ3のシートは、外して洗うことができませんでした。

何かと汚れやすいジュニアシートですが、使い勝手がさらに良くなる改良となりました。

これでもし汚れても、ママもパパも安心ですね。

RECARO J3 のレビュー

最後に実際の商品レビューです。

開梱から車への設置まで、順を追って紹介していきます。

レカロJ3:開梱~組み立て

まずは、箱から出した直後。

レカロJ3 内容物
レカロJ3内容物

取付ける部品は次の通りです。

  • 背もたれ
  • 座面
  • カップホルダ(ドリンクホルダ)
  • コンビニBOX(おもちゃ、おやつ入れ)

背もたれと座面の取り付けですが、少し差し込みづらいです。

差し込みが甘いと、次の画像のように空間ができてしまいます。

RECARO J3組み立て図

しっかり差し込むと次の画像のようになります。取説にも記載がありますが、しっかり差し込まれていることを確認しましょう。

RECARO J3組み立て2

ココに注意

取付が甘いと本来の性能が発揮できません!

レカロJ3:車へ設置

普段使っているチャイルドシートの重さが約12~15kg。

レカロJ3 Neoは、約5.8kgなので設置はとても楽でした。

しばらくは、私と妻の車を行き来するので軽いのはとても助かります。

車に設置するとこんな感じです。

RECARO J3装着

設置方法ですが、ISO FIXではないので座席の角度を調整して載せるだけ。

ちなみに、ヘッドレストの高さは自由に変えることができます。

RECARO J3装着 ヘッドレストアップ
ヘッドレストを上げた場合

車のヘッドレストと干渉する場合は、外す必要があります。

RECARO J3 ヘッドレスト干渉

また、カップホルダやコンビニBOXを取り付けると、我が家の車の場合はドアに干渉しそうでした。

RECARO J3 コンビニBOXのドアとの干渉

干渉する場合は、ドアと反対側にだけ付けておくとよいでしょう。

レカロJ3:実際の使用感

チャイルドシートからの移行だったので、子供を乗せるのがとても楽になりました。

ロングドライブでも、蒸れたり痛がったりはしていません

乗降時や走行中にズレることもなく、安定感がありました。

シート内はかなり余裕があるので、対象年齢より子供の体格に合わせて使いだす時期を決めるのが良いでしょう。

まとめ:しっかりしたジュニアシートが欲しい方にはぴったり

大事な子どもの命を守るジュニアシート。

万が一の事故に備えて、子どもを守ってくれるジュニアシートを選ぶことが、親の役目ですよね。

ぜひ、安全で使い勝手が良いレカロのジュニアシートで子どもと安全なドライブを!

少しでも参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ


-ライフ